アジア自由民主連帯協議会第二回講演会「拉致被害者の救出と北朝鮮民主化に向けて」

 金正恩三大世襲体制、ミサイル発射と異常事態が続く北朝鮮。拉致被害者奪還、そして独裁政権の民主化への道のりはいまだ不透明な状態です。

 ミサイル発射や金日成生誕100周年を祝う金正恩独裁体制に日本はどう対峙すべきか特定失踪者問題調査会の活動を通じて拉致問題の核された闇を追及してきた荒木和博氏と北朝鮮を脱出しここ日本に生活している脱北者の視点を通じて考える講演会を開催します。

アジア自由民主連帯協議会第二回講演会
拉致被害者の救出と北朝鮮民主化に向けて 
講師:荒木和博(特定失踪者問題調査会)
ゲスト:日本在住脱北者

日時:4月22日(日)午後2時開場 2時半開会 5時閉会
参加費: 1000円(会員は500円)
場所:TKPスター貸会議室 飯田橋東口徒歩2分
http://www.kaigishitsu.jp/gmap/gmap-iidabashi.html


中国政府は脱北者(北朝鮮難民)を難民として保護し、北朝鮮への強制送還を停止せよ : アジア自由民主連帯協議会 声明
http://freeasia2011.org/japan/archives/842



関連記事 :
  1. 第19回講演会「チベット問題 真実と嘘のはざまで問題解決の新しいアイデアを提唱する」講師 チュイデンブン
  2. 【9月6日渋谷】守る会関東学習会「北朝鮮の人権問題にどう向き合うべきか」発行記念講演会 講師 小川晴久 : 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会
  3. 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会・アジア自由民主連帯協議会 共同主催講演会「中国の民主化、脱北者の人権」講師 劉燕子・脱北者証言
  4. 守る会関東学習会「『クロッシング』から『かぞくのくに』まで」 : 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会
  5. アジア自由民主連帯協議会 第六回講演会「ミャンマー(ビルマ)の民族問題の現状」講師:マリップ・センブー(カチン族)

.