「チベットと対話してほしい」ノーベル平和賞受賞者12人が胡錦濤国家主席に送った公開書簡 : チベットNOW@ルンタ

以下、4月3日付けTibet Netより。http://tibet.net/2012/04/03/nobel-laureates-urge-president-hu-for-dialogue-on-tibet/

デズモンド・ツツ司教、リゴベルタ・メンチュタム、ジョゼ・ラモス・ホルタ(東チモール)大統領を含む12人のノーベル平和賞受賞者グループが、今日、中国の国家主席胡錦濤宛に「チベット人の尊厳を考慮し」、ダライ・ラマ法王及び他のチベット人リーダーと「意味のある対話」を始めることを要請する書簡を送った。書簡は最近連続するチベット人弾圧に抗議する焼身に応えたものである。


書簡全文

中国、北京、中華人民共和国主席胡錦濤宛

親愛なる主席殿

 チベットの人々は、その声が聞き入れられることを願っている。彼らは長年意味のある自治を求め、それを達成するために対話と友好的援助の道を選んで来た。彼らは今、抗議を始めた。国際社会は焼身という、その劇的な抗議表現を憂慮する。中国政府は彼らの声に耳を傾けるべきだ。その苦しみを理解し、非暴力的な解決策を見つけるべきだ。

 その解決方法は、我々の友人であり兄弟であるダライ・ラマ法王により提示されている。彼は一度も分裂を求めず、常に平和的道を選択して来た。中国政府に対し彼が提案する、意味のある対話の機会を、今掴むことを強く要請する。この道が開かれた時、それはオープンで、実践的かつ生産的なものであるべきだ。それは、チベット人の尊厳と中国の統一を考慮しつつ、緊張状態の(原因である)核心的問題を解決するものであるべきだ。

 特に、我々は中国政府に対し、以下の事を謹んでお願いする:恣意的に拘束されたすべての人々を解放し;平和的抗議者に対する脅迫、嫌がらせ、拘束を止め;ジャーナリスト、外交官、国際機関がチベットへ自由に入る事を許可し;宗教の自由を尊重することを。

 貴殿の政府が、まずは報道機関と国連の人権調査官をチベットに受け入れる事が、国際社会を安心させるのに大変重要なことであるということを理解して頂きたい。これが認められないときには、進展は難しく、機会は失われるであろう。

敬具

Desmond Tutu

Jody Williams

Rigoberta Menchu Tum

Jose Ramos Horta

Leymah Gbowee

Adolfo Perez Esquivel

Shirin Ebadi

Lech Walesa

Mairead Corrigan Maguire

Jon Hume

Betty Williams

Carlos Belo


「チベットと対話してほしい」ノーベル平和賞受賞者12人が胡錦濤国家主席に送った公開書簡 : チベットNOW@ルンタ
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51738356.html



関連記事 :
  1. ネット本「太陽を取り戻すために チベットの焼身抗議」上梓 : チベットNOW@ルンタ
  2. これまでに焼身したチベット人48人(内地45人、外地3人)のリスト : チベットNOW@ルンタ
  3. カンゼで17歳の少女が1人デモ 数日後病院へ : チベットNOW@ルンタ
  4. <閲覧注意>TYC制作新ビデオ 未公開焼身映像を含む : チベットNOW@ルンタ
  5. ザムタン、タウ、ペマ、ラギャ、ラサ…各地で次々事件が起こる : チベットNOW@ルンタ

.