「政府からハッキングされている人」にGoogleが警告 : WIRED.jp

Google社は、政府あるいは政府の支援を受けたグループからの攻撃を受けている可能性がある『Gmail』ユーザーに向けて、危険を知らせる警告メッセージを表示するという取り組みを始めた。

Google社は2年前、自社ネットワークがハッキング攻撃を受けた事実を公開し、しかもその侵入者が、政治活動家の『Gmail』アカウントを手に入れることに関心を持っていたという情報を明らかにした。

[Google社は当時、ハッカーらの狙いは中国の人権問題に関与している人権活動家のGmailアカウントにアクセスすることであり、ふたつのGmailアカウントへのアクセスに成功し、電子メールのタイトルなどの情報を盗んだと発表した(日本語版記事)]

そしてGoogle社は今年6月、政府が支援するスパイ活動の標的となっている可能性のあるユーザーに対して、オンラインでセキュリティー警告を発するという前例のない行動に出た。

Google社は6月5日付けのブログ記事で、政府による攻撃の標的になっていると思われるユーザーの「集団」があり、該当ユーザーには、アカウントページの最上部に、ピンクの背景に黒字でメッセージを表示して知らせることにしたと書いている。

Google社はどうやって、あるユーザーが政府から攻撃されているとわかるのだろうか。

「細部に踏み込むと、よからぬ行為をする人々を助けるであろう情報を出すことにもつながってしまうので、詳細については明らかにはできないが、われわれが独自に進めている詳しい分析──そして被害者からの報告──から、政府あるいは政府の支援を受けたグループの関与が強く感じられる」と、セキュリティ・エンジニアリング責任者のエリック・グロッセは、同ブログ記事の中で書いている。

Google社は、上の画像のような警告メッセージが自分のアカウントに出たとしても、必ずしもそのアカウントが乗っ取られたという意味ではないと説明している。

「それはただ、そのユーザーが例えばフィッシング詐欺やマルウェアの標的になっている可能性があるという意味であり、自身のアカウントをセキュアなものにするための手段をすぐに講じたほうがいいという知らせだ」とグロッセ氏は書いている。「こうした警告メッセージが表示されても、Google社の内部システムが危険にさらされているとか、特定の攻撃を受けているということではない」

問題行動を行っている「政府」が米国であった場合も、ユーザーにGoogle社が教えてくれるのかどうかについては、説明はない。

TEXT BY KIM ZETTER
TRANSLATION BY ガリレオ -藤原聡美

WIRED NEWS 原文(English)
http://www.wired.com/threatlevel/2012/06/google-to-warn-possible-victims-of-state-sponsored-spying/


「政府からハッキングされている人」にGoogleが警告 : WIRED.jp
http://wired.jp/2012/06/07/google-to-warn-possible-victims-of-state-sponsored-spying/



関連記事 :
  1. 「統営の娘」こと申淑子さんと2人の娘の救出を目指す「統営の娘送還対策委員会」が20日に発足 : 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会
  2. 井上和彦先生講演会「中国の軍事拡大と対日工作」 : 新潟中国総領事館問題を考える会
  3. チベットの危機的状況について-議会提案全文 : ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
  4. 緊急集会「チベットでいま何が起きているのか」2012年3月6日星陵会館4階会議室 : チベット自由人権日本100人委員会(会場が変更になりました)
  5. 【東京都渋谷区・港区】 2.4(土) 殺すな!チベット虐殺抗議!緊急国民行動 : 頑張れ日本!全国行動委員会

.