第7回台湾セミナー「NHK『JAPANデビュー』裁判の争点と問題点」高池勝彦弁護士 : 日本李登輝友の会

【高池勝彦弁護士を講師に「第7回台湾セミナー」を開催】
     ~演題は「NHK『JAPANデビュー』裁判の争点と問題点」~

 NHKが平成21(2009)年4月5日夜に放送した「NHKスペシャル シリーズ JAPANデビュー・第1回“アジアの一等国”」は、日本統治時代に日本がいかに台湾人を差別し弾圧したかを描き、多くの識者から内容の偏向とともに「やらせ」や「捏造」などの恣意的編集が指弾され、損害賠償を求める裁判が起こされている。

 裁判の原告は1万355人にも及び、日本裁判史上最大の原告数となっている。弁護団には約30人の弁護士が名を連ね、高池勝彦(たかいけ・かつひこ)弁護士が団長となり賛同弁護士が協議を重ねながら、平成22年2月以来、12回の裁判に臨んでいる。

 この裁判では何が争われているのか、裁判はどうなっているのかなどについて、弁護団長の高池弁護士を招いて第7回台湾セミナーを開催する。ご参加の方は、申し込みフォーム、メール、FAXにてお申し込み下さい。【当日受付も可】

◆日 時:平成24(2012)年7月7日(土) 午後6時30分~8時30分(6時開場)

◆会 場:文京シビックセンター 5階 会議室C
【交通】地下鉄:丸ノ内線・南北線 後楽園駅 徒歩2分
地下鉄:都営三田線・大江戸線 春日駅 徒歩3分
JR総武中央線 水道橋駅 徒歩10分
   
◆講 師:高池勝彦氏(弁護士・NHK「JAPANデビュー」裁判弁護団長) 

[たかいけ・かつひこ]  昭和17(1942)年、長野県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、同大学院修士課程修了。同47(1972)年、司法試験に合格、司法修習27期を経て弁護士登録(東京弁護士会)。同53(1978)年から同55年まで米スタンフォード大学ロースクールに学ぶ。専門は労働法。同57(1982)年、高池法律事務所を設立。国家基本問題研究所理事。「昭和の日」ネットワーク副理事長、新しい歴史教科書をつくる会副会長、メディア報道研究政策センター理事。東史郎裁判の原告弁護人、百人斬り訴訟の原告弁護団長、NHK「JAPANデビュー」裁判の原告弁護団長。共著に『労働組合と政治活動』『日本国憲法を考える』など。

◆演 題:NHK「JAPANデビュー」裁判の争点と問題点

◆参加費:1,000円(会員) 1,500円(一般) *当日ご入会の方は会員扱いです。

◆申込み:7月6日(金) 締切  日本李登輝友の会のお申込フォーム、もしくは「お名前、フリガナ、電話番号、会員/一般/入会希望の種別」を明記の上、メールかFAXで下記の本会事務局まで。


日本李登輝友の会
http://www.ritouki.jp/



関連記事 :
  1. 11・10名古屋 「地理教科書に台湾を中国領と記載させる文部科学省の教科書検定糾弾!」 街頭演説・署名活動 : 台湾研究フォーラム
  2. 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正を!第5期ネット署名を開始! : 日本李登輝友の会
  3. 第6回台湾セミナーのご案内 講師は池田維・元交流協会台北事務所長 : 日本李登輝友の会
  4. 【戸籍問題】 1月28日の新宿駅西口での街頭署名にご協力を!: 日本李登輝友の会

.