ウイグルの核実験被害者に目を 人権活動家、広島で訴え : MSN産経ニュース

 日本ウイグル協会会長で、人権活動家のイリハム・マハムティ氏が22日、広島市を訪れ「ウイグルには多くの核実験の被害者がいる。実態解明と補償に向け、まず被爆地・広島の世論に訴え、国レベルでの働きかけに結びつけていきたい」と語った。

 イリハム氏は平和記念公園などを訪れた後、県庁で記者会見。「中国は1964年から1996年まで(中国西域で)46回の核実験を行った。急死者だけで19万人にのぼると推定されているが、1度もウイグル人を避難させることはなかった」と強調。

 さらに「実態の公表も行われていない」と述べ、核兵器の放射線被害に今も苦しむ祖国への理解と支援を求めた。

 同協会は亡命ウイグル人らによる国際組織、世界ウイグル会議の日本支部。イリハム氏は中国新疆・ウイグル自治区(東トルキスタン)生まれで、平成13年に来日して横浜市の日本語学校に入学。その後、帰化した。


ウイグルの核実験被害者に目を 人権活動家、広島で訴え : MSN産経ニュース
2012.6.23 02:06
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120623/hrs12062302060004-n1.htm



関連記事 :
  1. チベット族作家夫妻を軟禁 中国、米大使館招待で : MSN産経ニュース
  2. チベット亡命政府 センゲ首相、中国の弾圧を非難 : MSN産経ニュース
  3. 「強烈な不満」と中国 チベット亡命政府首相訪日 : MSN産経ニュース
  4. 中国人一家4人を殺害? 犯行は「北朝鮮脱走兵士」と韓国議員 : MSN産経ニュース
  5. 18歳の女性僧侶が焼身自殺図る 中国のチベット族 : MSN産経ニュース

.