第4回公開勉強会「チベット問題解決のために」 : 名も無き市民の会

日頃より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
開催予定延期のお知らせをしておりました当会の第4回公開勉強会「チベット問題解決のために」ですが、日時・場所の詳細が確定いたしましたので下記のとおりお知らせ致します。
皆様のご参加をお待ち申し上げます。

==============

<名も無き市民の会・第4回公開勉強会「チベット問題解決のために」>

■開催日時■
平成24年9月2日(日曜日) 14:00~16:30 (開場13:30)

■会場■
東京都中央区京橋プラザ区民館(1号洋室)
http://pb-k.jp/city.chuo.7kuminkan/kyobashi-p.html

■テーマ■
チベット問題解決のために

■内容■
前半 「チベット問題の状況」
後半 「チベット問題解決のために」

※前半後半ともに、当会の中国人権問題担当である宗安による発表形式を予定しております。
前半ではチベットをはじめとする中国による人権弾圧の状況について、2008年以来の再確認も兼ねて触れていきます。
後半ではフリーチベット・フリーウイグルの運動を間近に見つつ自らも独自に政治家への接触・ロビイングを行ってきた経験から、チベット問題解決のためにどのように動いていけばいいのか、私達に何ができるのかについて示していきます。

■入場料■
無料です。
(当日、会場にカンパ箱を設置しますので、ご支援いただける方は
よろしくお願いいたします。会場の使用料等にあてさせていただきます)

■メール連絡先■
nanashikaiあっとgmail.com(あっとを@に変換して送信して下さい)

■定員■
36名様まで。
(ご用意できる座席の関係で、それ以上は立ち見をお願いする事になるかもしれません。
開催の前日までにメール予約をお勧めします)

■開催趣旨■
2008年、北京五輪を前にしたチベットでの抗議行動とその弾圧の報により、多くの日本人がチベット問題の存在を認識することになりました。
それから4年が経ち、次の五輪の開催が巡ってきましたが、チベット問題やそれに代表されるような種々の民族・人権弾圧の問題は解決する兆しが見えません。
ロンドン五輪の開催を機に、改めてチベット問題をはじめとした中国による民族・人権弾圧の状況について知ってもらう機会を設けつつ、2008年以来のチベット問題に関する運動のあり方を見直すとともに、チベット問題解決のために私達に何ができるのかを模索していきたいと思います。
チベット問題をはじめとして、ウイグルや南モンゴルの民族・人権弾圧問題、中国国内の人権弾圧問題に関心があり、またその解決を望まれる方のご参加を、お待ち申し上げます。

主催:市民団体「名も無き市民の会」

http://nanashikai.com/


第4回公開勉強会「チベット問題解決のために」 : 名も無き市民の会
http://nanashikai.com/?p=739



関連記事 :
  1. 【長崎】中国による人権侵害、核実験の被害―ウイグル問題に関する展示上映会 : 日本ウイグル協会
  2. 「政府からハッキングされている人」にGoogleが警告 : WIRED.jp
  3. 大阪シンポジウム「東アジアのよりよい未来の道を 茉莉・傅・呉先生を囲む会」のお知らせ
  4. 東アジア理解セミナー ペマ・ギャルポ講演会 : NPO法人国際生涯学習文化センター
  5. アジア自由民主連帯協議会主催 第一回講演会「焼身抗議の続くチベットの現状 今日のチベットは明日の日本か?」

.