台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正を!第5期ネット署名を開始! : 日本李登輝友の会

【戸籍問題】8月21日より第5期ネット署名を開始!

たいへんお待たせいたしました。夏休みなどが重なりネット署名の再開が遅れておりましたが、本日から第5期署名を開始いたします。

 今後の署名期間は、以前もお伝えしましたように3ヶ月を1期としていますので、下記のように予定しています。

 ・第5期:平成24(2012)年8月21日~10月31日

 ・第6期:平成24(2012)年11月1日~平成25(2013)年1月31日

 ちなみに、7月31日で第4期を終えた署名ですが、本会の小田村四郎会長は8月7日、皆様からご署名いただいた署名用紙を滝実法務大臣宛に「台湾出身者戸籍の『中国』から『台湾』への表記改正を求める要望書」と一緒に呈しました。

 署名は第3期より少し多い1,296名分で、昨年7月末から始めた第1期から今年7月末の第4期の署名総数は2万9,233名となっています。

 法務省は在留カードや外国人住民票では台湾出身者の「国籍・地域」を「台湾」と表記しましたが、同じ法務省が管轄する戸籍では未だに「中国」のままです。

 「台湾は中国じゃない!」を合言葉に、改正できるまで微力ながら力を尽くす所存です。どうぞ多くの方にこのような理不尽な現状をお伝えいただき、そして署名にご協力いただきますようお力添えのほどよろしくお願い申し上げます。


 現在、台湾出身者が日本人と結婚したり日本に帰化する場合、または日本人の養子となる場合など、その身分に変動があった場合、戸籍における国籍や出生地は「中国」あるいは「中国台湾省」と表記されます。

 中国とは中華人民共和国のことであり、中国台湾省とは中華人民共和国の行政区を指しますから、台湾出身者を中国人としているのが現在の戸籍制度です。元凶は、50年ほど前の昭和39(1964)年に出された法務省民事局長通達でした。

 台湾は中国の領土ではなく、これまで一度たりとも中華人民共和国の統治を受けたことはありません。台湾を中国領土とするのは、台湾侵略を正当化するための中国の政治宣伝に他なりません。また、この戸籍表記は日本政府の見解にも合致していません。

 平成24(2012)年7月9日、これまでの外登証が廃止され、新たに交付された在留カードの「国籍・地域」欄は、台湾出身者の場合、「中国」から「台湾」に改められました。同時に実施された外国人住民票でも「台湾」と表記されるようになりました。

 法務省は民事局長通達を出し直し、台湾出身者の戸籍の国籍表記は、在留カードや外国人住民票と同様に「国籍・地域」とし「中国」から「台湾」に改めるよう強く要望します。

   法務大臣 滝 実 殿

*署名用紙は他の目的で使用致しません。
*送付は郵送でお願いします(FAXは不可)。
*用紙不足の場合は恐れ入りますがコピーをお願いします。
*幼児でも知人でも、本人の了解を得られれば代筆も可です。
*署名取りまとめ後は、法務大臣に届けます。
*法務大臣の名前が異なる署名用紙でも有効です。そのままお使い下さい。


8月21日より第5期ネット署名を開始!ネット署名にもご協力を!
http://www.shomei.tv/project-1988.html

署名用紙のダウンロードはこちらから
http://www.ritouki.jp/suggest/koseki2011/syomei01.pdf

署名活動用チラシ(お知り合いに説明される際にご利用下さい)
http://www.ritouki.jp/suggest/koseki2011/syomei02.pdf


台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正を!第5期ネット署名を開始! : 日本李登輝友の会
http://www.ritouki.jp/



関連記事 :
  1. 日本の在留カード、台湾人の国籍地域欄が従来の「中国」から「台湾」と表記へ : 報道と台湾正名運動
  2. 第7回台湾セミナー「NHK『JAPANデビュー』裁判の争点と問題点」高池勝彦弁護士 : 日本李登輝友の会
  3. 第6回台湾セミナーのご案内 講師は池田維・元交流協会台北事務所長 : 日本李登輝友の会
  4. 台湾2・28時局講演会のお知らせ : 台湾独立建国聯盟日本本部
  5. 【戸籍問題】 1月28日の新宿駅西口での街頭署名にご協力を!: 日本李登輝友の会

.