『無援孤立—カチンランド戦争と避難民』本報告の要旨 : ビルマ・コンサーン

1月6日、豊島公会堂で行われた、ミャンマー(ビルマ)カチン族の支援のための在日ビルマ人によるチャリテイイベントに行ってきました。そこで購入したカチン族の現実を伝える『無援孤立—カチンランド戦争と避難民』という報告書が、下記ホームページにてPDFでダウンロードして読むことができます。興味のある方々は是非ご一読をよろしくお願いします。


『無援孤立—カチンランド戦争と避難民』本報告の要旨

 特定非営利活動法人ビルマ・コンサーンによる本報告は、17年の停戦の後2011年6月9日に再び勃発したカチン独立機構(KIO)政府とビルマ(ミャンマー)政府との間の戦争(カチンランド戦争)を包括的に論じたものである。2011年6月26日から7月2日にわたるビルマ・コンサーンのカチンランド訪問時に収集した音声資料・映像資料・文書、その前後に行われたさまざまなインタビュー、そして先行する報告・論評・記事をもとに、カチンランド戦争の過程、原因、戦争避難民の現状、政治的展望などに関する分析を行った。本報告の主たる主張は次の3点である。

①カチンランド戦争がビルマ政府とカチン民族との間の局地的・偶発的なものではなく、2008年憲法の必然的な帰結であること。
②その戦争によって生じた戦争避難民の状況が、とりわけ国際的支援の欠如ゆえに危機的なものであること。
③戦争はビルマ政府とカチン独立機構との孤立状況によって生じ、そのような孤立状況を生み出した原因は国際社会にあり、またその解消も国際社会に委ねられていること。

 また本報告には、一次資料によって作成された複数の図表、およびさまざまな人々の証言、とくに戦争避難民キャンプ担当者とスムルッ・グンモウKIO副参謀総長へのインタビューが含まれている。


PDFファイルは下記のサイトからダウンロードできます。

『無援孤立—カチンランド戦争と避難民』本報告の要旨 : ビルマ・コンサーン
http://www.bc-japan.org/2012/12/blog-post.html



関連記事 :
  1. 【声明】ビルマ(ミャンマー)原則なき海外からの援助・投資は、民主化・紛争解決を阻害し、 少数民族の人権侵害を加速する。」 : ヒューマンライツ・ナウ
  2. 第六回講演会報告と動画「ミャンマー(ビルマ)の民族問題の現状」講師 マリップ・センブ
  3. ビルマ(ミャンマー):不当に投獄されている、すべての政治囚の釈放を! : アムネスティ・インターナショナル
  4. ビルマ(ミャンマー)の人権状況に関する公開書簡 : アムネスティ・インターナショナル日本
  5. ビルマ人権の日の集会 : 日本ビルマ救援センター

.