ヨドック体験者講演会 : ノーフェンス 北朝鮮強制収容所をなくすアクションの会

日時
2013年2月9日(土) 午後13時30分~16時30分

場所
人権ライブラリー (港区芝大門、地図参照

講師
李英秀 (ヨドック収容所体験者)

内容
講師の李英秀さんは韓国軍捕虜の息子として北朝鮮に生まれます。軍服務後の炭鉱配置を拒否し、「反動」の烙印をおされ15号ヨドク収容所に送られました。しかし収容所内で運よく配置されたのはアヒル飼育舎での卵のふ化作業。そこで前任者たちに数倍する実績を上げ、所長の覚えめでたきを得ます。
 この所長の意向の下に、革命化対象として収容所に送り込まれたものの、収容所で完全に埋もれて死ぬわけではなく、いずれ平壌に戻ることになっているそこそこの立場の人たち(その中には金日成の一族に連なる者もいた)に死なないようにこっそり肉を与えて食べさせるお使いを果たすようになった李さんは、外の社会では容易に知り得ない、平壌の権力関係等一級の情報に触れるようになります。
 昨年12月には救う会の招きで初来日し、氏が知り得た日本人拉致に関する情報を公に証言しました。
 今回NO FENCEは、ヨドク収容所内での人道犯罪はもとより、建国当初から金日成が親族に漏らしていた政治観、工作員たちを前に金正日が吐露した日本への本心など、これまで公には知られてこなかった、安全保障にも直結するエピソードの数々を李さんからじっくり伺います。

主催
ノーフェンス(北朝鮮強制収容所をなくすアクションの会)


ヨドック体験者講演会 : ノーフェンス 北朝鮮強制収容所をなくすアクションの会
http://nofence.netlive.ne.jp/index.html



関連記事 :
  1. 守る会関東支部学習会「韓国朴新政権をどう見るか」講師 久保田るり子(ジャーナリスト) : 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会
  2. 2013年第1回NLC講演会「拉致日本人奪還への道」 : 青木直人BLOG
  3. 小川晴久「北朝鮮 いまだ存在する北朝鮮強制収容所」出版記念講演(NO FENCE) : 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会
  4. 守る会関東学習会のお知らせ(講師:姜昌萬(統一日報))&映画「ムサン」紹介 : 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会
  5. 脱北者の北朝鮮への強制送還中止を求める日本NGO緊急声明 : 救う会全国協議会ニュース

.