カシュガルでウイグル人青年らが何の説明もなく警察隊に連行され、消息不明 : 世界ウイグル会議

RFA 2013.03.25(一部抜粋)| 翻訳・掲載:2013.03.28

ウイグルオンラインサイトによると、今月一日に、中国国家保安部隊がカシュガル市中心部のヘイットガモスク近くでお店を営んで生活していたウイグル人青年ヌルムハメット・イスマイル氏を、何の説明もなく突然連行した。

ヌルムハメット氏は、今年23歳で、突然の連行から本日までに、家族に対して一切の説明や情報提供が無かったと言う。

ヌルムハメット氏が連行された翌日、中国国家保安部隊の隊員5人が彼の自宅を家宅捜索し、自宅に置いてあった一台のコンピュータを持ち去ったと言う。

家族によると、家宅捜索の際に、隊員たちが一切の法的手続き書類を家族に見せることがなく、口頭でヌルムハメット氏がある政治事件に関わった疑いがあると伝え、身勝手で乱暴な捜査を行ったと言う。

家族によると、ヌルムハメット氏が連行されてから既に24日間も経っているが、これまでに連行の理由や彼の居場所について、当局から一切の説明が無かったと言う。

情報によると、ヌルムハメット氏が連行された当日に、他の6人のウイグル人青年も同じような形で連行されていたが、彼らの家族に対しても連行の理由や彼らの居場所について一切の説明がされていないと言う。同じ日に連行され、その後の消息について一切の情報提供がされていないこの7人の家族らが、彼らの現在の状況や今後の運命を非常に心配していると言う。

http://www.rfa.org/uyghur/qisqa_xewer/tutqun-numemet-03252013161309.html


カシュガルでウイグル人青年らが何の説明もなく警察隊に連行され、消息不明 : 世界ウイグル会議
http://www.uyghurcongress.org/jp/?p=6118



関連記事 :
  1. イリハム副教授がまた自宅軟禁状態に(RFA) : 世界ウイグル会議
  2. 中国当局、ウイグルにおける環境汚染による癌発生率の深刻さを始めて認める : 世界ウイグル会議
  3. 中国当局、ウイグル人の伝統的な風習を否定する大規模な政治運動を実施 : 世界ウイグル会議
  4. 中国当局、ホータンの小学校でもウイグル人の伝統的な服装の着用を禁止 : 世界ウイグル会議
  5. カシュガルでモスクに揚げられた中国国旗が燃やされ、ウイグル人50人以上が逮捕か: 世界ウイグル会議

.