中国当局、ウイグル人の伝統的な風習を否定する大規模な政治運動を実施 : 世界ウイグル会議

RFA 2013.04.04(一部抜粋)| 翻訳・掲載:2013.04.06

「新疆文化サイト」によると、中国当局は、ウイグル各地で所謂「文明都市建設キャンペーン」と呼ばれる運動を大々的に実施している。ウイグル文化やウイグル人の伝統的な風習を否定するスローガンを前面に出しているこの運動の内容は、中国を愛すること、民族団結を愛すること、社会安定を愛すること、「違法」宗教活動に反対すること、若い男性が髭を生やすことに反対すること、若い女性がスカーフ、ヒジャブ、ベールを着用することに反対することなどとなっている。

ウイグルのある社会保険業務窓口にかけられた看板(左記写真)には、はっきりと「スカーフ着用者の業務手続きはお断りする」と書かれている。

本日ウイグルオンラインサイトに投稿された情報によると、最近カシュガル、ホータン、アクスなどウイグル人が多い地域では、大学を卒業したウイグル人女性らのうち、特にスカーフを着用する女性らが就職できないと言った社会問題が深刻化していると言う。

カシュガル在住の一人の大卒のウイグル人女性が、ウイグルオンラインサイトの取材に対し、自らが国家公務員になるための筆記試験に高い点数で合格したものの、スカーフを着用していることを理由に面接試験を受けることが拒否されたと語っている。

http://www.rfa.org/uyghur/qisqa_xewer/saqal-burut-04042013171242.html


中国当局、ウイグル人の伝統的な風習を否定する大規模な政治運動を実施 : 世界ウイグル会議
http://www.uyghurcongress.org/jp/?p=6134



関連記事 :
  1. 中国当局、ウイグルの各村に治安維持要員10人を配置し、ウイグル人住民らに治安維持費の納入を義務付ける : 世界ウイグル会議
  2. 中国当局、ウイグルにおける環境汚染による癌発生率の深刻さを始めて認める : 世界ウイグル会議
  3. カシュガルでウイグル人青年らが何の説明もなく警察隊に連行され、消息不明 : 世界ウイグル会議
  4. 中国当局、ホータンの小学校でもウイグル人の伝統的な服装の着用を禁止 : 世界ウイグル会議
  5. カシュガルでモスクに揚げられた中国国旗が燃やされ、ウイグル人50人以上が逮捕か: 世界ウイグル会議

.