2013/5/17 チベット国際連帯デー : Students for a Free Tibet Japan

5月17日は「チベット国際連帯デー」です。この日は1995年に当時6歳だったパンチェン・ラマ11世、ゲンドゥン・チューキ・ニマ少年が行方不明になった日。チベット本土のチベット人たちはいまだ中国政府の弾圧下にあります。当時「世界最年少の政治囚」と呼ばれた彼の運命は、同様に囚われたり、人権を踏みにじられたりしているチベット人の象徴でもあります。
皆様どうかこの日に、いまチベットで起きていることを周りの人たちにも伝え、過酷な運命に直面している人々に思いを寄せてください。

チベット中央政府の呼びかけは こちらから
http://tibet.net/

2013/5/17 チベット国際連帯デー : Students for a Free Tibet Japan
http://www.sftjapan.org/



関連記事 :
  1. 【オンライン署名】「チベット人を撃たないで」チベット東部タウで法王誕生日祝賀会に銃撃 : Students for a Free Tibet Japan
  2. もうたくさん!チベット人の命を救うため、国際的介入を!※焼身抗議の現状をまとめた資料 : Students for a Free Tibet Japan
  3. 2013/4/27,28アースデイ名古屋に出展します : Students for a Free Tibet Japan
  4. アースデイ東京2013 : Students for a Free Tibet Japan
  5. チベット民族蜂起から53年を迎え、中国当局にチベット弾圧の即時停止と問題の根本解決を求める : Students for a Free Tibet Japan

.