2013年「7・5ウルムチ虐殺四周年抗議活動」 : 日本ウイグル協会

2009年7月5日、東トルキスタンの首府ウルムチで行われたウイグル人の平和的な抗議行動は、中国の治安部隊によって残酷に取り締まられ、無数のデモ隊参加者が殺され、逮捕されました。
この事件以降も、多くのウイグル人が逮捕され、まともな法的手続きを経ずに懲役刑や死刑が執行されています。ウイグル人の人権状況は悪化の一途を辿り、最近では宗教弾圧を背景とし、幼い子供たちが犠牲になる事件が発生しています。
さらには、多くの亡命ウイグル人が東南アジアや中央アジアの国々から、中国に強制送還されるという事件も起こっています。
ウイグル人が生命の危機から逃れる術は、このような国々が中国と経済的な繋がりを強める中、少なくなってしまったと言わざるを得ません。

事件から4年経った今年も4月にカシュガル地区マラルベシ県、今週もトゥルパン地区ピチャン県で事件が発生しており

ウイグル人の環境はさらに厳しい状態にあります。
そして、7月6日、日本ウイグル協会では世界中のウイグル人組織と連帯し、四年が経過したウルムチ事件に改めて抗議の声を上げるべく、

デモ行進を行います。

東トルキスタンのウイグル人の悲劇的な日である2009年7月5日は忘れることは出来ません。
世界中のウイグル人と日本人支援者とともに、日本でも大きな声をあげたいと思います。
是非、ご参加を頂きますようお願い致します。


★「7・5ウルムチ虐殺四周年抗議デモ」案内

[集合場所]  三河台公園(港区六本木4丁目2番27号) (新宿柏木公園から変更になりました。)

[日時]     平成24年7月6日(土) 集会開始 15:00 出発 16:00 (集会開始が14:00から変更になりました。)

[コース予定] 六本木 三河台公園→こうがい公園

[主催]     特定非営利活動法人「日本ウイグル協会」 代表 イリハム・マハムティ

※お問合わせ HP:http://uyghur-j.org/japan/ E-MAIL:info@uyghur-j.org

[協賛団体] 内モンゴル人民党、モンゴル自由連盟党、台湾研究フォーラム、桜アジアの会

※協賛団体は交渉中であり、ご承諾頂けました団体より順次追加させて頂きます。

※:このデモの趣旨は、人権・民族弾圧を続ける中国政府に対しての抗議デモです。この趣旨に賛同して頂けるなら、あらゆる立場の個人参加を歓迎します。ただし周囲を威圧するような服装は控えてください。
※当日は体調や天候に注意してご参加ください。沿道での見学、応援も歓迎します。
※写真、ビデオの撮影をしますので、支障のある方はマスクで顔を隠すなど対策をとられるよう、よろしくお願いします。
※デモ行進中に、何か問題が発生した場合はデモスタッフか警備の警察にすぐに連絡してください。

[禁止事項]
平和的な抗議行動です。過激な行動は起こさないようお願いいたします。
※警察やマスコミへの挑発行為。
※沿道の見学者や中国人観光客などへの挑発行為。
※拡声器を持ち込んでの勝手なシュプレヒコール。

世维会将在世界各地举办纪念七五事件四周年抗议活动
http://www.rfa.org/mandarin/yataibaodao/shaoshuminzu/gr-07022013100338.html


2013年「7・5ウルムチ虐殺四周年抗議活動」 : 日本ウイグル協会
http://uyghur-j.org/japan/2013/06/2013%E5%B9%B4%E3%80%8C7%E3%83%BB5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%81%E8%99%90%E6%AE%BA%E5%9B%9B%E5%91%A8%E5%B9%B4%E6%8A%97%E8%AD%B0%E3%83%87%E3%83%A2%E3%80%8D-2/



関連記事 :
  1. 2013年度東トルキスタン独立記念行事「東トルキスタンと日本の命運」 : 日本ウイグル協会
  2. 日本ウイグル協会 : 10月勉強会「東トルキスタンで続くウイグル人弾圧の現状」講師 イリハム・マハムティ
  3. 8月6日広島「ウイグル核の被害に関するチラシ配布」 : 日本ウイグル協会
  4. 7月6日「7・5ウルムチ虐殺四周年抗議活動」報告と声明文 : 日本ウイグル協会
  5. 2012年4月23日 日本ウイグル国会議員連盟と日本ウイグル地方議員連盟が設立 : 日本ウイグル協会

.