中国の実態を知る映画上映と講演会のご案内 : 台湾独立建国聯盟日本本部

台湾が主権独立国家として世界に承認されることを阻んでいるのは、中国です。中国の覇権主義は、今や台湾、日本、東南アジアは言うに及ばず、世界各地にその食指を伸ばし、まさに脅威となっています。中国の外交戦略の陰に見え隠れするその実態を、私たちは是非とも知る必要があります。台湾は現在、馬英九政権によって、実質的な中国との統一への道を歩んでいます。それに対して、台湾の人達のなかには、諦めムードもあります。実際に中共の支配を受けたら、どんな悲惨なことになるのか、台湾人も日本人もその重大性をもっと認識すべきであると思い、警鐘を鳴らすためにも、今回の講演会を企画いたしました。是非、ご参加ください。


第1部:映画上映 ドキュメンタリー映画『フリー チャイナ:信じる勇気』

自己の信念を貫き、中国共産党政権に立ち向かう2人の中国人に焦点をあてた斬新なドキュメンタリー映画。中国で罪もないのに拘束されている、数百万人ともいわれる「良心の囚人」たちへの人権侵害に焦点をあて、経済成長を続ける華やかな中国社会の裏にある現状を浮き彫りにする。米国で4つの映画祭で大賞を受賞。多くの人に感動を与えています。(1時間:日本語吹き替え)


第2部:講 演 会 林建良氏「中国の横暴に我々はどう対処すべきか」

戦後の日本は一貫して「中国を刺激するな」という金科玉条を頑なに守ってきた。しかし、この中国に対する姿勢は果たして日本の国益にかなっているのか? 日本は中国の本質を根本的に理解していないために、今まで的外れの対中政策をとり続けてきた。では、中国の本質とは何か? 中国に対する姿勢はどうであるべきなのか? 『中国ガン』著者である林建良氏が解き明かす。

【りん・けんりょう】 1958年台湾生まれ。台湾独立建国連盟日本本部中央委員。在日台湾同郷会顧問。メールマガジン「台湾の声」編集長。日本李登輝友の会常務理事。台湾団結連盟日本代表。1987年、日本交流協会奨学生として訪日。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。現在、栃木県在住。医師としての仕事のかたわら台湾正名運動を展開。2012年『中国ガン』(並木書房)出版。


【日 時】2013年10月13日(日)13:45~16:30(13:15開場)

13:45-15:15 映画「フリーチャイナ」上映
15:15-16:30 林建良氏講演

【会 場】文京区民センター 3A会議室

東京都文京区本郷4-15-14
*文京シビックセンターの斜め向かい
TEL:03-3814-6731

【交 通】

地下鉄 丸の内線・南北線「後楽園」駅 徒歩5分
三田線・大江戸線「春日」駅 徒歩2分
JR 総武線「水道橋」駅 徒歩15分

【参加費】1000円

【懇親会】終了後、会場近くの居酒屋にて(会費3000円)

【申込み】

メールかFAXにて、

1)お名前、
2)電話、
3)メールアドレス、
4)懇親会ご出欠

を明記の上、10月10日(木)までお申し込みください。

E-mail:wufijapan@googlegroups.com

【後 援】在日台湾同郷会、在日台湾婦女会、日本台湾医師連合、メールマガジン「台湾の声」、アジア自由民主連帯協議会、日本李登輝友の会、日本文化チャンネル桜

【主 催】台湾独立建国聯盟日本本部
HP: www.wufi-japan.org


中国の実態を知る映画上映と講演会のご案内 : 台湾独立建国聯盟日本本部
http://www.wufi-japan.org/archives/347



関連記事 :
  1. 【2月28日京王プラザホテル】台湾 2・28時局講演会のお知らせ : 台湾独立建国聯盟
  2. 台湾2・28時局講演会のご案内 : 台湾独立建国聯盟日本本部
  3. 【台湾2・28時局講演会】馬英九が目論む2・28事件の風化!―歴史の生き証人、蕭錦文氏を迎えて― : 台湾独立建国聯盟日本本部
  4. 林建良講演会「相手は中国、攻めの戦略も立てよ」 : 台湾の声
  5. 台湾2・28時局講演会のお知らせ : 台湾独立建国聯盟日本本部

.