中国・昆明の襲撃事件、政府は冷静な対応を=世界ウイグル会議議長 : ロイター

[北京 4日 ロイター] -亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長は、中国雲南省の昆明駅で刃物を持った集団が通行人らを無差別に襲撃した事件に関し、中国政府にウイグル族を悪者にしないよう冷静な対応を求めた。

中国当局が、先週末に起きたこの事件が新疆ウイグル自治区の過激派によるものと断定したことを受けた。

カーディル議長は、新疆ウイグル自治区をめぐる緊張を緩和するには、中国当局が少数民族ウイグル族の人権問題を認識する必要があるとした。

議長は英語の声明で「中国がこの事件に理性的に対処し、ウイグル人を敵のように扱わないことが大事だ」とした。


中国・昆明の襲撃事件、政府は冷静な対応を=世界ウイグル会議議長 : ロイター
http://jp.reuters.com/article/jpchina/idJPTYEA2306C20140304



関連記事 :
  1. 「中国の妨害」批判=「チベット同化政策」に危機感-世界ウイグル会議 : 時事通信
  2. ラビア・カーディル 新疆における民族的嫌悪を扇動している北京 : ウォール・ストリート・ジャーナル
  3. 2009年7月5日ウルムチ虐殺事件 : 事件から3年、2012年報道まとめ
  4. 日中関係冷却に懸念相次ぐ=国交正常化シンポで : 時事ドットコム
  5. 中国政府、世界ウイグル会議の東京開催阻止を日本に要請 : ロイター

.