ベトナムには、なぜ民主主義と人権が存在しないのか? ダン・クォン・ハン : ベトナム革新党

ベトナムには、なぜ民主主義と人権が存在しないのか? ダン・クォン・ハン
ダン・クォン・ハン(Dang Xuong Hung) 氏のスピーチ
人権および民主主義に関する第6回ジュネーブサミット

UN Watchの来賓とメンバー

私は、ダン・クォン・ハン(Dang Xuong Hung)といいます。私は、ジュネーブのベトナム前領事(2008~2012)で、2013年10月18日から、ベトナム共産党とその政府を糾弾している、ベトナム外務省の副長官です。非民主的体制と共産党からの離脱という私の決断の根底にあった人権侵害についてお話しする機会を与えてくださった、UN Watchに対し感謝の意を表明いたします。

私は、内部関係者としての観点から、ベトナムにおける人権の現状についての個人的懸念を述べたいと思います。長い間自問自答してきた疑問に対する私の見解と証言を、皆様にお伝えしたいと考えています。

・ベトナムにはなぜ民主主義と人権が存在しないのか?
・どのようにしたら、ベトナムに民主主義と人権をもたらすことができるのか?

民主主義体制を築き上げるには、民主主義的機構と民主主義的文化という、2つの構成要因が必要です。このような体制は、民主主義を固く信じている主導者が民衆を先導していない限り、形を成すことができません。ベトナムには、このような条件が備わっていません。要するに、ベトナムにおける現在の主導層が、民主主義とは何であるかという理念を事実上構築していないために、ベトナムに非民主主義で、人権を無視した政治体制を築き上げてしまっているのです。

私は、1986年に共産党に入党しました。当時まで、共産党は体制刷新のための努力を尽くしていました。ベルリンの壁が崩壊したときには、民主主義的考えを育くんでいることで知られていた、トラン・クァン・バク(Tran Xuan Bach)、ナグヤン・コ・タック(Nguyen Co Thach)、トラン・クァン・コ(Tran Quang Co)などの複数のリーダーの名が知られるようになってきていました。しかし彼らは、すぐに主導機構から排除されてしまいました。したがって、芽生えたばかりの民主主義の理念が崩壊してしまったのです。

社会主義体制の崩壊後に、ベトナム共産党は、マルクス主義やレーニン主義のイデオロギーを盲目的に追い求め、普遍的価値となっていた民主主義的理念や人権を受け入れることを拒絶したために、彼らは、現在、この国やその国民達を救いようのない危機に陥らせているのです。そこで私は、「ベトナムにはなぜ人権が存在しないのか?」という問題を提起します。それは、この国におけるあらゆる失敗の根源に共産党があるからです。ベトナムがますます劣化する状況に直面している今こそ、私は、これ以上は黙っていることはできず、私がとった行動、すなわち共産党から離脱するという決断を一般に公開しなくてはなりません。たった今私は、世界に向けて、声高くはっきりと以下についてお話したいと考えております。

・私の国は危機に瀕しています!
・私の国の国民は、共産主義体制の下で苦しんでいます!
・ベトナムにおける民主主義と人権の現状を注視してください!

私は、ベトナムの実情に関する私の見解と結論を、以下に述べたいと思います。

現ベトナム体制は、その体制だけが機能している、共産党による完全支配下にある一党独裁国家体制です。2014年1月1日から効力を発している憲法第4条には、共産党は、政権与党であり、ベトナムで唯一政治活動を行うことが認められている政党である、と規定されています。マルクス主義者やレーニン主義者のイデオロギーでは、法律は支配者の抑圧のための単なる道具にすぎないと定義されています。

政府の機構制度は、党の支配権力を保護するという基本的目的を果たすように設計され、国民の熱望に対する責務を無視するように設定されています。したがって、ベトナム政府は、国民の権利に関してはほとんど配慮してきませんでした。共産党の現在の主導者層は、「赤い資本家」になり下がっています。

治安部隊や警察が、その脅威がさらに増すように構築されつつあります。ある推測筋によれば、2013年末には、警官の比率は、市民18名に対して警官1名になるとのことです。この勢力の大部分が、治安および公共の秩序を促進するというその基本的責務に焦点を当てずに、市民の監視、迫害および攻撃に費やされています。社会主義体制では、治安部隊は、政府生命を守るための手段であったために、この部隊は攻撃力を維持しています。私は、「ベトナムは人権について警察を教育する必要がある」とする、最近の普遍的/定期的レビューにおける国連からベトナムへの勧告に非常に共感を覚えています。

憲法では、軍隊は、第一に共産党に忠誠を誓い、次いで政府に忠誠を誓い、最後に人民に忠誠を誓うと定められています。

合法的行政および法的機関(国会、政府、法廷)はすべて、一党独裁の目的を遂行するために利用されている道具にすぎません。国会は、共産党の単なる政治活動集団にすぎないと私は告げてきました。最近、識者達や一般の人々からの一貫した合法的要求にも屈することなく、この国会は、98%の大多数をもって、憲法に対するすべての修正案を反抗的に可決しました。代議員達は、共産党の党員であるため、なす術もありませんでした。


基本的人権は尊重されていない

自由選挙は存在しない: 通常5年に一度、国民は、国会および人民会議の代表を選出するために、投票所へ行きます。実際のところ、国民は、共産党によって事前に選出された候補しか選出することができません。誰も、選挙のため立候補する権利を与えられていません。最近、ベトナムにおける著名な法律家であるチュ・フイ・ハ・ブー(Cu Huy Ha Vu)氏が、選挙運動を行ってやっとのことで立候補しましたが、同氏は即時失格となり、現在投獄されています。したがって、ベトナムにおける選挙は、単なる飾り物にすぎません。私は個人的に、私のすべての家族を代表する代理人として投票をしてきました。実現を目指して有利な立場に立つためのもうひとつの好例として、熱狂的家庭の長が、不在者の代表として代理投票をしてきた点です。言論の自由、表現の自由は、最も深刻な脅威に曝されています。

政府は、反体制派に対する厳しい弾圧方針を行使しています。長い判決文に加え、暴行を行うための正体不明の罪状ならびに反体制派に対する虐待や嫌がらせの行為など、反体制派に対して政府が暴力戦争を仕掛けています。

多数の人権監視組織の研究を参照し、さらにはわれわれ自身の調査によると、現時点で、約250名の罪無き囚人が投獄されています。しかし、多くがまだ行方不明であったり、多くが政治的動機を覆い隠すための捏造された疑惑の容疑で投獄されてるため、実際の数はもっと多いのです。

政府は、これまで、民主化運動の活動家の恣意的な逮捕の理由として、刑法第79、87、88および258条を用いていましたが、最近、その路線を変え、不合理な理由で反体制派を逮捕しています。チュ・フイ・ハ・ブー(Cu Huy Ha Vu)氏は、違法な恋愛事件を起こしたとして投獄され(証拠として、使用済みコンドームを引証した)、もうひとりの著名な法律家であるル・クゥオック・クァン(Quoc Quan)博士は、脱税の罪で投獄されました。政府は、わずか20歳の成人年齢に達したばかりのフォン・ウェン(Phuong Uyen)とディン・ナグヤン・カー(Dinh Nguyen Kha)を、中国に対する愛国的活動を行ったとして投獄しています。

終末病期の末期疾患に罹患している多くの罪無き囚人達が、牢獄の中で体力を消耗しつつあります。懸念される三つの特定の事例を、以下にあげます。

・絶対的に怪しい理由で判決が言い渡されたビ・デュク・ホイ(Vi Duc Hoi)氏は、良心の囚人仲間であるパウル・ル・ソン(Paulus Le Son)氏に対して残忍な暴力を振るった監視人に対して抗議した罪で、独房禁固刑6カ月の罰則を言い渡されました。6カ月の禁固刑の後に、刑期がさらに延長されました。ホイ氏は現在、独房に拘留されており、彼の心臓と血圧の状態は、集中治療が必要なほど悪化している状態です。

・一時期投獄された後、ディン・ダン・ディン(Dinh Dang Dinh)氏は、がんに侵されていることが判明しました。診断では、がんがさらに悪化しており、末期の段階にあります。治療を行っている医師は、同氏に対し、早期段階での治療介入、すなわちがん治療を行うように指示しています。 ディン(Dinh)氏の健康は、現在瀕死の状態にあり、飲食ができません。最近まで、ディン(Dinh)氏は、服役期間が延期されるという知らせと、末期がんの治療のため一時的に釈放され、家族の元に戻されるという知らせを受けています。

・言論の自由を奪われたナグアン・バン・リ(Nguyen Van Ly)師は、8年間の禁固刑の判決を言い渡されました。同氏は脳卒中の発作で苦しんでおり、一部が麻痺している状態にありますが、監獄に再度抑留されています。報道の自由について、2013年Reporters without Bordersの分類を引用すると、世界180カ国のうちベトナムは174位にランクされており、後には中国(175)、北朝鮮(179)、ソマリア(176)、シリア(177)が続きます。

政府は、弾圧を強め、情報を検閲し、規制やファイアウォールまたはハッカーを通じて、報道機関やインターネットによる潜入を統制しています。数多くの恣意的な逮捕、不公平な判決の報告があります。このことは、この体制が明らかに真実に対する大きな脅威であることを示しています。

ベトナムは、ブロガーやインターネット利用者の投獄者数において、世界で2番目に多い国です。現在、34名のブロガーが投獄されています。2013年9月には、ベトナム共産党は、ニュースや情報を照合し、共用するブロガーやインターネットウェブサイトを禁止する、42,174件もの禁止令を発行することで、情報の自由の抑圧へ向かって大きく飛躍してしまいました。


国民を保護するための仕組みや組織が存在しない

権利を奪われた国民の状況は、悲惨です。自分たちが保護されるための仕組みが欠落しているせいで、権利を奪われた国民は、自力で保護や訴えを実現する仕組みを組織しなくてはならず、公正を求める彼らの叫びは、政府の役人の耳に達することはありませんでした。金と権力が結びついた直接的産物である利益団体による土地の強奪が、農夫達の権利を不当に奪い去り、その結果、しだいに大きな集団的怒りへと発展しています。奪われた土地の返還を要求する動きが我慢の限界に達したとき、政府は、ハイ・フォン(Hai Phong)におけるデュァン・バン・ビョン(Doan Van Vuon)の事件やハン・イェン(Hung Yen)におけるバン・ギァン(Van Giang)農民の暴動など、ひどい残忍行為で対抗しました。

汚職がはびこっている:ベトナムは、世界で最も腐敗した国の1つです。政府の幹部に関連する数多くの汚職が暴露されています。ビナラインズ(Vinalines)のデュオン・チ・デュン(Duong Chi Dung)の公判では、大臣(トラン・ダイ・クァン(Tran Dai Quang))および副大臣(パム・クイ・ナゴ(Pham Quy Ngo))ならびに幹部の関係当事者達の関与が明らかになりました。

ベトナムの主導層によるこのような政策の失敗から、同国は、政治から経済に至るまで、文化から教育、健康およびその価値観に至るまで、国家のあらゆる分野に影響を与えるような絶対的危機に曝されています。ベトナム社会では、善がしだいに失われて地に落ち、不道徳な道へと突き進んでいます。政府高官は、貧者を犠牲にして富を蓄積しています。同国は、弱体化し、社会は崩壊し、幸福を手にすることが不可能となっています。

ベトナムにおける人権侵害に関して、レポーターズ・アクロス・ボーダー(Reporters Across Borders)のアジア太平洋デスク長であるベンジャミン・イスマル氏から、最近のインタビューで寄せられたコメントを引用したいと思います。「ハノイはもはや、国連や世界に嘘を重ねることはできません。国連や世界は、ハノイが行っている事柄以上の内容、そしてハノイが実施している激しい抑圧的政策について多くを知っているからです…」


ご来賓の皆様、

私が今、皆様の前で表明した見解や懸念は、私一人のものではなく、主導層構造内の多数の共産党党員を含む、ベトナム人民の多くが抱えている問題であることは確かです。論争が生じやすい立場や環境に置かれている彼らは、自分達の心の中を吐露することができません。それでもなお、希望は恐れよりも強いのです。ベトナム国民は、人権と国民の権利が尊重および保護され、ベトナムが文明国のコミュニティへ仲間入りができるように文明化され、健全な政治体制が確立されることを待ち望んでいます。私に今与えられているのは、「燃え盛る願望」を持つ権利だけです。ベトナムの現政府は、国家の将来に対する考えを提示しています。ベトナムは、ミャンマーと同様のことを行うことができ、我々は共に、民主主義と多元的政治制度を構築し、国家の和解と平和のプロセスを実現するのです。

このような大志を実現させるためには、社会主義と人権に対する人々の動きに対する継続的な努力と共に、国際コミュニティの支援と後援が強く望まれることは、言うまでもありません。

最近の国連におけるベトナム普遍的/定期的レビュー(Universal Periodic Review of Vietnam)および国際会議などのイベントは、今日のベトナムに確かに積極的な影響を与えているようです。私が受け取った最新の情報によれば、ベトナム政府が政治的考え方の表現に対する恣意的弾圧と国民迫害の時代を過去のものにしようとしはじめています。

私のために時間を割き、ご清聴いただいたことに対し、国連人権監視委員会(UN Human rights Watch)の委員の方々とご来賓の皆様に、心より感謝を申し上げます。


ベトナムには、なぜ民主主義と人権が存在しないのか? ダン・クォン・ハン : ベトナム革新党
http://viettan.sakura.ne.jp/?p=76



関連記事 :
  1. ベトナムのカトリック系反体制派、3年の服役の後釈放 : ベトナム革新党
  2. 米国がベトナムのブロガー弾圧問題を提起 ラジオ・フリー・アジア 2014年5月1日 : ベトナム革新党
  3. ベトナム人労働者、中国系工場で抗議行動 5月13日 : ベトナム革新党
  4. ベトタン「ベトナム革新党 日本語ページ」が開設
  5. アジア自由民主連帯協議会主催第7回講演会「ベトナムの現状と今後の民主化について」アウン・ミン・ユン(ベトナム革新党)

.