【7月26日文京シビックセンター】小田村四郎会長と手島仁氏を招き第20回台湾セミナー : 日本李登輝友の会

【第20回台湾セミナー】小田村四郎会長と手島仁氏を招き第20回台湾セミナー 

 群馬県と台湾の関係の深さは、あまり知られていないようです。奇美実業創業者の許文龍氏は台湾の発展に尽くした後藤新平など9人の日本人の胸像を制作していますが、なんとその中の2人(羽鳥又男と新井耕吉郎)が群馬県出身です。これに触発され、群馬県立歴史博物館の学芸員だった手島仁氏が群馬県と台湾の関係を調べてみると、驚くべき事実が次々と明らかになりました。

 また、芝山巌事件で亡くなった「六士先生」の中にも群馬県出身者の中島長吉がおり、同じく当時の群馬県令楫取素彦の子息、楫取道明もその一人です。本会の小田村四郎会長の曽祖父が楫取県令で、亡くなった道明は次男でした。

 そこで、特別ゲストに小田村会長を招き、手島氏を講師に「群馬と台湾の深い結びつき」をテーマにお話しいただきます。
 
 ご参加の方は、申し込みフォーム、メール、FAXにてお申し込み下さい。

◆日 時:平成26(2014)年7月26日(土) 午後2時~5時(午後1時30分開場)

◆会 場:文京シビックセンター 4階 ホール
東京都文京区春日1-16-21 TEL:03-5803-1100  *低層階用のエレベーターをご利用下さい。
【交通】地下鉄:丸ノ内線・南北線 後楽園駅 徒歩2分 都営三田線・大江戸線 春日駅 徒歩3分
JR総武中央線 水道橋駅 徒歩10分

◆講 師:小田村四郎氏(元拓殖大学総長、本会会長)
◆演 題:私と台湾の出会い─群馬県令・楫取素彦と六士先生・楫取道明

[おだむら・しろう] 大正12(1923)年、東京生まれ。昭和22年、東大法学部卒業後、大蔵省に入省。名古屋国税局長、防衛庁経理局長、行政管理事務次官などを歴任し、同53年に退官。その後、日本銀行監事などを経て拓殖大学第16代総長に就任(平成15年退任)。平成14年12月、本会設立と同時に副会長に就任し、同16年5月、阿川弘之会長の後継として第2代会長に就任。主な著書に『憲法と自衛隊』『占領後遺症の克服』など。

◆講 師:手島仁氏(前橋市文化国際課副参事・歴史文化遺産活用室長、本会理事)
◆演 題:群馬と台湾の深い結びつき

[てしま・ひとし] 昭和34(1959)年、群馬県前橋市生まれ。立命館大学文学部卒業後、群馬県立中央高校や吉井高校などの教職を経て群馬県立歴史博物館学芸員に就く。この間、群馬県、沼田市、高崎市などの自治体史編纂に携わる。平成25年、前橋市長の招きにより現職。主な著書に『総選挙でみる群馬の近代史』『中島知久平と国政研究会』『群馬学とは』『羽鳥重郎・羽鳥又男読本』など。本会理事。

◆参加費:1,500円(会員) 2,000円(一般) 1,000円(学生) *当日ご入会の方は会員扱い
◆申込み:※日本李登輝友の会のサイトで詳細をご覧ください。
*7月25日(金) 締切 当日受付も可
◆懇親会:終了後、講師を囲んで会場の近くにて。
参加費=男性:3,000円 女性:2,500円 学生:1,500円
■主催 日本李登輝友の会


【第20回台湾セミナー】小田村四郎会長と手島仁氏を招き第20回台湾セミナー : 日本李登輝友の会
http://www.ritouki.jp/seminar/seminar20.html



関連記事 :
  1. 【4月26日東京都文京区】第17回台湾セミナー「台湾の危機を感じ取った学生たちの立法院占拠」講師 多田恵氏 : 日本李登輝友の会
  2. 【3月29日東京】 浅野和生氏と三宅教雄氏を講師に第16回台湾セミナー : 日本李登輝友の会
  3. 第12回台湾セミナー「台湾語が持つ政治的意味」多田恵氏、「父王育徳と台湾の独立」王明理氏 : 日本李登輝友の会
  4. 第11回台湾セミナー 尾崎幸廣弁護士と反町佳生氏を講師に9月28日に開催! : 日本李登輝友の会
  5. 第6回台湾セミナーのご案内 講師は池田維・元交流協会台北事務所長 : 日本李登輝友の会

.