今年5月、モンゴル国から中国へ南モンゴル人活動家2人が強制送還された件について : モンゴル自由連盟党

今年の5月、モンゴル国が南モンゴル出身の二人の若者(人権活動家Dalaibaatar,Tulguuri)を中国に強制送還した。周知の通り、モンゴル国は天然資源が豊富で、中国の進出が著しい。モンゴルと中国の戦略的なパートナーシップも強化されている中、この強制送還はモンゴル国が、中国主席のモンゴル訪問に対して送った「プレセント」ではないかという見方もある。
 
この強制送還に対し、海外南モンゴルの一部の団体がモンゴル国大統領、首相あてに出した公開信がこの画像である。大意は以下の通り。

周知の通り、モンゴルのエルベグドルジ(Elbegdorji)大統領が「みんな一緒になろう!」と世界に散らばっているモンゴル人たちに呼びかけをしました(2011年12月、モンゴル独立宣言100周年の議会での記念演説)。これが、世界中のモンゴル人に感動と希望を与えたのは違いありません。南モンゴルの若者たちも、モンゴル国で学美や働く人たちも増えました。

しかし、最近のモンゴル国で大統領の呼びかけを裏切るようなことが相次いで起こっています。二人の南モンゴル出身の若者を中国に強制送還したことがこれを表しています。
我々は、モンゴル国の独立を尊敬し、その発展を祈ります。モンゴル国も夢を持っていった南モンゴルの若者たちに人権と平等を与えてほしいと考えます。

10614383_630831010365541_8046359528371000455_n


今年5月、モンゴル国から中国へ南モンゴル人活動家2人が強制送還された件について : モンゴル自由連盟党
http://lupm.org/japanese2/?p=605



関連記事 :
  1. バヤンバートル氏惨殺事件に対し世界各国でモンゴル人の抗議活動 : モンゴル自由連盟党
  2. またも南モンゴルで中国人による無残な殺人 : モンゴル自由連盟党
  3. 南モンゴル人、靖国神社前にて日本の皆様に窮状を訴える : モンゴル自由連盟党
  4. ダライ・ラマ猊下側近 活仏アジャ・リンポチェを招いての「大阪モンゴル人法話会」 : モンゴル自由連盟党
  5. 南モンゴルでまた中国人がモンゴル人を襲撃 : モンゴル自由連盟党

.