【10月5日大阪】中国の横暴を許すな!みんなで叫ぼう SAY NO CHINA!

10月1日は中華人民共和国の国慶節です。休暇を利用して多数の中国人が大阪にも来るでしょう。
私たちはその週末10月5日に大阪で SAY NO CHINA! デモを開催します。
中国の横暴に怒っているのは日本人だけではありません。
在日外国人であるあなた達と共に SAY NO CHINA! の声を挙げたい。
私たち日本人は日の丸を手に、または応援したい国の国旗を手に歩きます
あなたも故郷の国旗を手に、私たちのデモに参加しませんか?
様々な国の人たちが集まっても、歩きながら叫ぶ言葉はたったひとつ。
SAY NO CHINA!
それだけです。
それぞれの国旗を手に、世界からの抗議の声を中国共産党政府に叩きつけましょう!

SAY NO CHINA! 10.5 OSAKA 実行委員会
事務局 ritatirapro@gmail.com
担当:ABO


デモ詳細
日程:2014年10月5日(日曜日)
時間:12:30~(時間はデモの10日前に決定予定)
場所:日本國 大阪(デモコースはデモの10日前頃に告知予定)
集合場所:中之島公園女神像前広場(大阪市役所のうしろ) [google map]
参加予定:日本人・チベット人・南モンゴル人(順次、申し出あり次第追加します)


注意事項
国旗以外にプラカード持込み歓迎。抗議する対象は基本的には『中国政府』とする。
人種差別・激しく暴力的ととられるような内容は不可。
例)「中国人を殺せ」「中国人を叩き出せ」は不可。
「中国(漢)人は私たちの故郷から出ていけ」は可
「私の家族(友人)は中国人に殺された」は可など。
*不明な時は実行委員会までお問合わせください
団体で参加の際は、参加人数に関わらず“団体名ノボリ”掲示は1本に限定。
各国ごとのバナー(横断幕)掲示は1枚に限定。サイズは120×300センチ以内。
ただし1国で50名以上の参加者がある場合はバナー2枚、100名以上参加の際は3枚のバナー掲示可能。
デモの際、各国ごとに隊列を組んで歩くこと。列が乱れればデモ中止になります。
*参加人数5名以下の国は他国民との混合隊列になります。
事前に許可した以外の鳴り物は禁止。
特に日本人はいわゆる“右翼的”な服装での参加はご遠慮ください。
民族衣装での参加は歓迎します。
デモ参加者同士で喧嘩しないこと。
警備にあたる警察官の誘導に従うこと。
その他、主催者の指示に従ってください。


中国の横暴を許すな!みんなで叫ぼう SAY NO CHINA!
http://say-no-china.com/



関連記事 :
  1. 米大統領が中国にチベット人の権利擁護を要請 : ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
  2. オバマ大統領がダライ・ラマ法王と会見。米国は中国にチベットとの対話を求める : ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
  3. 【アクション】中国を無条件で国連人権理事国にしないため、チベットの人権問題を訴える署名
  4. 8月6日広島「ウイグル核の被害に関するチラシ配布」 : 日本ウイグル協会
  5. 中国政府、世界ウイグル会議の東京開催阻止を日本に要請 : ロイター

.