南モンゴルのシリンホト市、ソニド右旗の牧畜民達が地方政府の前で抗議 : モンゴル自由連盟党

01/21 2015

2015年1月20日、南モンゴルシリンゴル盟シリンホト市の“生態移民”が市政府前で横断幕を持って抗議を行った。
シリンホト市は、2002年,2004年の2回にわたって、バヤン ソム、ヤラタ ソム、ダブシラト ソム、チョグ オーラ ソム、アラシヤン ボラグ ソムの5つの「ソム」から200世帯をシリンホト市の郊外に生態移民として移住させた。
10年後の今日、ほとんどの人はアルバイトしか見つからない、かつての生活よりもっと苦しい状態に追い込まれた。
 
今日午前9時頃、シリンホト市の“生態移民”60数名がシリンホト市政府前で、「私の生きる権利を」「私達を故郷に帰して」などの横断幕を持って抗議行動を行った。
しかし、すぐ100名以上の警察が来て、横断幕などを奪い、強制的に解散させた。

また既報の通り今回北京に向かっているドゥルベド旗の牧畜民達と同じく、ソニド右旗の牧畜民も中国人民解放軍の「ジルへ訓練基地」の被害を受けている。今回北京に陳情に向かった中にもソニド右旗の牧畜民が10数名含まれている。残った人々は、今日(20日)「旗」の政府前で抗議行動を行った。
横断幕に「故郷を返せ」と書かれている。
 
南モンゴルでこのように強制的に移住させられた牧畜民は20万人にも上ると言われている。また、2020年までに50万人にするとの計画もあるようだ。
“生態移民”として街に移住させられたモンゴル人の生活レベルは政府の約束通り良くなってはいない。逆に厳しくなり、苦しくなる一方である。
 
(テムルンレポート)


南モンゴルのシリンホト市、ソニド右旗の牧畜民達が地方政府の前で抗議 : モンゴル自由連盟党
http://lupm.org/japanese2/?p=905



関連記事 :
  1. 【11月9日東京】中国大使館前抗議活動のお知らせ : モンゴル自由連盟党
  2. 知られざる南モンゴルの惨状 : モンゴル自由連盟党
  3. バヤンバートル氏惨殺事件に対し世界各国でモンゴル人の抗議活動 : モンゴル自由連盟党
  4. 南モンゴル人、靖国神社前にて日本の皆様に窮状を訴える : モンゴル自由連盟党
  5. 中国共産党の63年にも及ぶ弾圧・虐殺に抗議する南モンゴルデモ行進 : モンゴル自由連盟党

.