【7月5日東京多文化共生プラザ】“7・5ウルムチ虐殺”六周年および “7・28ヤルカンド虐殺”一周年追悼・抗議集会

 2009年7月5日、ウイグルの首府ウルムチで行われたウイグル人の平和的な抗議行動は、中国当局の軍、警察によって、過剰な武力行使を通して残虐に制圧され、数千人がウルムチの町で殺害され、数えきれないほどのデモ隊参加者が逮捕されました。その後も、ウイグル全土における大逮捕キャンペーンによって、無数のウイグル人が投獄され、その中の多くの人たちは中国の杜撰な法体系により、死刑が執行されて、また多くの人達は行方不明となっています。

 習近平体制になってからは、中国のウイグル人弾圧はさらに悪化し、2014年7月28日はヤルカンドでウイグル人のラマダーン(断食)活動を取り締るヤルカンド大虐殺が起きました。この虐殺は、家で断食活動をしている大勢の女性達を武装警察が殺害することから始まり、この殺戮に抗議した人々は更に機関銃で殺され、この理不尽の殺戮に立ち上がった大勢の住民は中国の正規軍に空爆等の軍事手段で殺されました。信じがたい出来事です。

 「7・5ウルムチ虐殺」、「ヤルカンド虐殺」はウイグル現代史においては大きな悲劇です。

 中国政府はウイグル人を国家の敵と見なし、彼らの基本的人権を全く無視し、様々な手段を使って、ウイグル人を追い詰めています。このような殺戮、弾圧から逃れる為に、多くの亡命ウイグル人は全てを投げ捨て、東南アジアを経由して、自由世界に逃げようとしています。しかし、東南アジアの一部の国々は中国政府の圧力に屈指し、難民達を強制送還したり、あるいは悪劣な環境の刑務所に入れたりして、女性や子供の死亡を齎しています。

 ウイグル人が直面しているこのような悲惨な状況に対し、国際社会からは有効な救いの手は差し伸べられていません。アメリカ等西側諸国は、中国との経済関係を最優先し、中国のウイグル人に対する人権侵害は軽く非難するだけで済ましています。イスラーム世界からもまともな反応は見られません。

 国外に亡命しているウイグル人は「7.5ウルムチ虐殺」、「7・28ヤルカンド虐殺」を忘れることは出来ません。今回も世界同時に様々な国で追悼・抗議活動を行います。

 世界ウイグル会議日本全権代表部は、正義を愛する日本の皆様に呼びかけ、中国のウイグル人に対する殺戮、人権侵害を非難すべく、抗議集会を開くことを決めました。

 ウイグル人の悲劇的な日である7月5日に、ウイグル人を応援し、中国を非難し、日本からも大きな声をあげていただきたいと思います。

 是非、多くの皆様方のご参加をお願い致します。


発起人代表
トゥール ムハメット 世界ウイグル会議 日本・東アジア全権代表
頭山 興助      呉竹会アジア・フォーラム 会長

集会期日 2015年7月5日(日) 17:30会場 18:00開演 20:00閉会
集会開場 東京都新宿区歌舞伎町2-44-1
     東京都健康プラザ ハイジア 11階 多文化共生プラザ  
事務局  東京都千代田区平河町1-7-5 ヴィラロイヤル平河904
電話 03-3556-3880  (呉竹会アジア・フォーラム)



関連記事 :
  1. 【2月7日 新宿多文化共生プラザ】グルジャ抵抗運動”19周年記念講演会 : 日本ウイグル連盟
  2. 【動画】2015年6月4日「六・四天安門事件」26周年記念集会 : Radio Free Uyghur Japan
  3. 母語幼稚園の設立に尽力するウイグル人が警察により不当拘留 : Turmuhammetのブログ
  4. トゥール・ムハメット講演動画「ウイグル人は何故独立を求め続けるのか」 : ラジオフリーウイグルジャパン
  5. トゥール・ムハメット講演「ウイグル人は何故独立を求め続けるのか―過去・現在・未来」 : 中央アジア研究所

.