第17回講演会「漫画を通じてみる習近平体制」 講師 王立銘(辣椒/漫画家)

アジア自由民主連帯協議会主催第17回講演会
漫画を通じてみる習近平体制

 1973年、文革時代に下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた王立銘氏は、文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学びました。2009年からネットで辛辣な風刺マンガを発表、大きな話題を呼び起こしましたが、2014年の訪日時、中国政府は王氏の作品を激しく批判、身の危険を感じ王氏は帰国を断念し日本に滞在中です。

 王氏の漫画は、現在の中国習近平体制の独裁と覇権主義をユーモアあふれる表現で見事に描き出しています。会場では作品も多数展示する予定ですので、皆様方のご参集をよろしくお願いいたします。

第17回講演会「漫画を通じてみる習近平体制」 講師 王立銘(辣椒/漫画家)


20150725_02

講師 王立銘(漫画家 ハンドルネーム「辣椒」 )

日時 2015年7月25日(土)午後1時半開場 2時開会
場所 北沢タウンホール二階第二集会室
(下北沢駅南口徒歩5分)
https://kitazawatownhall.jp/map.html

参加費 1000円(会員500円)



関連記事 :
  1. 【報告と動画】第17回講演会「漫画を通じてみる習近平体制」 講師 王立銘氏(辣椒/漫画家)
  2. 第16回講演会「戦後70年 アジアの立場からパール判事判決を考える」 講師 プロビール・ビカシュ・シャーカー
  3. 2015年2月21日(土)第四回 アジアの民主化を促進する東京集会
  4. 第15回講演会「テロ国家北朝鮮の本質と拉致被害者奪還」 講師 西岡力
  5. アジア自由民主連帯協議会主催第8回講演会「台湾問題から見た中国の膨張」講師 永山英樹

.