一党独裁のベトナム共産党委員長,訪問先の米国で人権を守り推進すると発言?しかし政治犯は釈放せず ラジオ・フリー・アジア : ベトタン ベトナム革新党

ベトナム共産党委員長,訪問先の米国で人権を守り推進すると発言?ラジオ・フリー・アジア
2015年7月8日

ベトナム共産党委員長は、ベトナムからの亡命者やベトナム出身者の抗議が渦巻く中で、水曜日にオバマ米大統領と会談したが、その後で、人権問題は一党独裁のベトナムでも最大の関心事であると語った。

ベトナム共産党委員長兼中央軍事委員会書記長、グエン・フー・チョンは、訪問中のワシントンを拠点とするシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS) で語る。

「人権を守り推進するのは(発言のまま)我が国が発展過程で目指している重要な目標だ」

また、演説の後の質問に答えて言う。

「私たちは、ベトナム全国民に対し人権を約束し推進し保護したいと望んでいる」

しかしながら、チョン委員長は、現在収監されている人たち(人権団体によると数百名の政治犯を含む)については、収監の理由は法違反だと付け加えた。

チョン委員長は先の演説の中で、ベトナムは人権を「重大視」していると言う。

「私たちは、毎日、国民のために社会が改善の上にも改善を重ねるよう全力を尽くしている」

同時に、米国とベトナムは人権問題に関して対話を続け共通の立場に到達しなければならないと付け加えた。

しかし、警告することも忘れていない。「人権問題が両国間の相互関係の発展の妨げとなってはならない」

チョン委員長の演説が行われたのは、オバマ大統領と会い数件の問題を語り合った日の翌日だった。会談では、貿易・安全保障・人権などが話題となった。会談は、数百名の人たちがホワイトハウスの外に集まり、信仰の自由とベトナム政治犯の釈放を訴える中で行われた。

共同声明が水曜日の早い時間に発表されたが、それによると、両国は人権の推進と保護に対し、引き続き支援することを約束し、人権問題に関する建設的な対話も支援するとなっている。

ホワイトハウスは声明で言う。

「両国は更に協力し、国民一人一人が弱者を含め、その性別・人種・宗教・性的指向に拘わらず、また障害のある人たちも含め、あらゆる人権を享受できるように努める」

また同じ声明の中で、ベトナムは、その法体制を引き続き2013年の憲法(人権に特化した項目あり)に合わせること、人権および基本的自由の推進と保護を含め国際社会に対する約束を果たすと述べている。

両国は、貿易・防衛・安全保障、持続可能な成長その他地域の問題に関し相互の関係を深めることを約束した。

今年は、嘗ての敵国どうしが関係を正常化して以来20周年、またベトナム戦争の終結後40周年に当たる。

人権の果たす重要な役割

ベトタンは民主化を目指す政党であり、ベトナム国内では禁止されているが党員は国内および世界中に散らばっている。そのベトタンは、ラジオ・フリー・アジアに向けた声明の中で、ホワイトハウスが、両国間の関係の維持にとって人権が重大な役割を果たすことを認識しなければ、ベトナムとの「建設的なパートナーシップ」を推進する機会を失うことになると述べた。

同声明は引き続き言う。

「オバマ政権の課題は、選挙で選ばれていない政権との間で現在の外交関係を深めながら、米国およびベトナム両国民の長期的な利益に適う課題を追求する道を見つけることだ」

Jonathan Londonは、香港都市大学の教授でベトナム問題に関する国際的な権威であるが、ラジオ・フリー・アジアのベトナム担当支局に対し、米国はベトナムが人権に関する約束を守るよう要求していかなければならないと言う。

教授は言う。

「ワシントンは、ベトナムが公言しているように、一定の段階を踏んで国民の人権を尊重していることを証明するのを見届ける必要がある。それが出来れば、両国間の関係は更に発展することだろう」

過酷な取扱い

ベトナムは、ブロッガ―、民主主義活動家、さらには政府の管理外で宗教活動を行う信仰者に対し厳しい弾圧と拘束を行う国として知られている。

ベトナムは、近年、インターネット投稿に関連して数十名に及ぶブロッガ―や人権活動家を収監している。これに対し人権団体は、政府が根拠のない社会秩序維持条項を盾に反対派を黙らせようとしていると非難している。

ニューヨークを拠点とする人権擁護団体Human Rights Watchによると、およそ150名から200名の活動家やブロッガ―が基本的人権を行使したと言うだけの理由によりベトナム内で懲役刑に服している。

米議会を代表して9名の議員が、月曜日にオバマ大統領宛てに書簡を送り、実質的な経済関係を推進する前にベトナム政府に対して人権侵害の責任を追及するように求めた。

オバマ政権は、12か国と貿易協定の交渉を行っている。協定は、環太平洋パートナーシップ協定と言われ、これにはベトナムも含まれる。

議員は、大統領に対してベトナム内における政治犯および宗教犯の虐待を問題として取り上げ、チョン委員長に対し著名な民間ジャーナリストおよび人権活動家の即時釈放を求めるよう勧告した。釈放対象に含まれるのは、Ho Duc Hoa、Dang Xuan Dieu、Nguyen Dang Minh Man、Ta Phong Tan、Tran Huynh Duy Thuc、Ngo Hao、Tran Thi Thuy、Nguyen Hoang Quoc Hung、Nguyen Cong Chinh牧師、カトリック僧侶Van Lyなどである。

声明は言う。

「収監中のベトナム人ブロッガ―および思想犯のリストが長くなればなるほど、米国がハノイ当局者に対して明確なメッセージを発信し、人権尊重が経済および安全保障の緊密な関係に不可欠であると通告することが、ますます重要となる。」

著者

An Nguyen(ラジオ・フリー・アジア、ベトナム担当局)、Paul Eckert、Roseanne Gerin


一党独裁のベトナム共産党委員長,訪問先の米国で人権を守り推進すると発言?しかし政治犯は釈放せず ラジオ・フリー・アジア : ベトタン ベトナム革新党
http://viettan.sakura.ne.jp/?p=137



関連記事 :
  1. ベトナム ー 人権活動家とその家族に対する脅しや嫌がらせ : ベトタン ベトナム革新党
  2. ベトナムで最年少の政治犯(15歳)に4年半の実刑判決 : ベトタン ベトナム革新党
  3. 米国がベトナムのブロガー弾圧問題を提起 ラジオ・フリー・アジア 2014年5月1日 : ベトナム革新党
  4. ベトナムには、なぜ民主主義と人権が存在しないのか? ダン・クォン・ハン : ベトナム革新党
  5. ベトタン「ベトナム革新党 日本語ページ」が開設

.