チベット族住民が死亡=治安部隊、デモ隊に無差別発砲-30人負傷情報も・中国四川

【北京、ニューデリー時事】中国四川省甘孜チベット族自治州タンゴ県で23日、チベットの自由やチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の帰還などを求めたチベット族住民のデモ隊に対し、治安部隊が発砲し、同住民少なくとも1人が死亡した。
インド北部ダラムサラにあるチベット亡命政府は声明を出し、中国に住むチベット族の平和的デモに対し、警官隊が無差別に発砲したと非難。6人が死亡したとの情報があることを明らかにした。
衝突でチベット寺院の僧侶少なくとも3人が重傷を負うなど、最大30人が負傷したとの情報もある。国営新華社通信は、数十人のデモ隊と警官隊の衝突によりデモ隊の1人が死亡し、警官5人が負傷したと報道。発砲には触れていない。
チベット人権団体のチベット人権民主センター(ダラムサラ)やフリー・チベット(ロンドン)によると、死亡したのは49歳の男性で、遺体はタンゴ県の寺院に安置されている。(2012/01/24-01:43)

チベット族住民が死亡=治安部隊、デモ隊に無差別発砲-30人負傷情報も・中国四川:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012012300791



関連記事 :
  1. チベット族男性が死亡 中国に抗議し焼身 : MSN産経ニュース他
  2. 天安門事件学生リーダー王丹氏、来日報道のまとめ
  3. 日中関係冷却に懸念相次ぐ=国交正常化シンポで : 時事ドットコム
  4. 中国・習副主席がトルコに「ウイグル独立運動を阻止してほしい」 : 世界ウイグル会議
  5. チベット族焼身自殺、昨年以降20人に 中国政府に抗議 : 朝日新聞

.