【1月29日東京】日本は北朝鮮に何をされてきたのかー北朝鮮工作機関教範「金正日主義対外情報学」を読み解くー特定失踪者問題調査会講演会のお知らせ

■1月29日講演会に一人でも多くのご参加を

 既にお知らせしているように今週金曜日18:30より東京市ヶ谷のUAゼンセン会館で調査会の講演会(兼記者会見)を行います。現在少しずつですが、「金正日主義対外情報学」の前回未公開部分の翻訳を行っており、追加して発表する予定です。この資料は北朝鮮の工作活動を究明する上で重要な資料であり、その意味を少しでも多くの方に知っていただきたいと思っています。ぜひお誘い合わせの上ご参加下さい。また、インターネット、口コミ等拡散いただける方はご協力をお願いします。

 なお、調査会では当日午後理事会を開催し、今後の活動について決めますが、講演会はその決定内容についての発表の記者会見も兼ねます。重要な内容もありますので報道関係の方はぜひご参加下さい。

 遠方の方はUstreamでのインターネット中継をごらんいただければ幸いです。


日本は北朝鮮に何をされてきたのかー北朝鮮工作機関教範「金正日主義対外情報学」を読み解くー

日時:平成28年1月29日(金) 18:30~20:30

会場:UAゼンセン会館2階会議室 (東京都千代田区九段南4-8-16 Tel03-3288-3549) ※JR・地下鉄市ケ谷駅下車3分 日本棋院斜向い

内容:

1.特定失踪者問題調査会記者会見:理事会での決定事項について

2. 講演会 日本は北朝鮮に何をされてきたのか ー北朝鮮工作機関教範「金正日主義対外情報学」を読み解くー

登壇者:

調査会代表 荒木和博

法律家の会幹事 川人博(調査会常務理事)

他調査会役員

参加費:無料(事前の参加申し込みは不要です)

中継:Ustreamでの中継を行います。アドレスは以下の通りです。一般の方、遠方の方はぜ ひご覧下さい。

http://www.ustream.tv/channel/特定失踪者問題調査会


参考情報 1月29日、日本は北朝鮮に何をされてきたのかー北朝鮮工作機関教範「金正日主義対外情報学」を読み解くー 特定失踪者問題調査会講演会のお知らせ
http://hrnk.trycomp.net/news.php?eid=01171



関連記事 :
  1. 「拉致と真実」第4号が発売されました : 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会
  2. 戦略情報研究所主催Sセミナーin大阪「拉致問題を通して考える国家の闇と光」
  3. 戦略情報研究所Sセミナー「不思議な一致-マッピングリストから拉致問題の闇を探る-」講師 荒木和博
  4. 北朝鮮の核実験暴挙に抗議する東京緊急集会ーご参加お願い : 救う会全国協議会ニュース
  5. アジア自由民主連帯協議会第二回講演会「拉致被害者の救出と北朝鮮民主化に向けて」

.