【10月18日 東京 文京シビック】守る会関東支部学習会のお知らせ「『イムジン河』物語」(喜多由浩著)出版記念

守る会関東支部学習会のお知らせ
「『イムジン河』物語」(喜多由浩著 アルファベータブックス)出版記念
講師 喜多由浩(ジャーナリスト)

帰国事業、日本人妻、拉致問題などに積極的な取材、発言をしてこられたジャーナリストの喜多由浩氏が、新著「『イムジン河』物語」を発刊されました。

名曲「イムジン河」がどのように生まれたのか、日本での発売禁止のいきさつ、そして帰国者や拉致被害者がこの歌をどう聴いたのかをつづった一冊です。

今回の守る会学習会では、喜多由浩さんを講師にお迎えし、音楽を通じた朝鮮半島の歴史を考えてみたいと思います。

日時 10月18日(火曜日) 午後6時半開場 7時開会
場所 文京シビックセンター 地下一階学習室
(東京メトロ後楽園駅・丸の内線(4a・5番出口)南北線(5番出口)徒歩1分)
(地図)http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html

参加費 1000円

事前予約は必要ありません、当日直接おいでください。

連絡先 三浦(miurakotarou@hotmail.com)


守る会関東支部学習会のお知らせ(10月18日 講師 喜多由浩)
http://hrnk.trycomp.net/news.php?eid=01194



関連記事 :
  1. 【4月30日東京飯田橋】セミナー なぜ北朝鮮は拉致を行ったのか : 特定失踪者問題調査会
  2. 【書評】「アキとカズ―遥かなる祖国」喜多由浩著 集広舎
  3. 第18回講演会「産経新聞連載小説『アキとカズ』出版を記念して」 講師 喜多由浩氏
  4. 九州北朝鮮人権集会のお知らせ : 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会
  5. 守る会関東学習会「夢見た祖国(北朝鮮)は地獄だった」 : 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会

.