【11月28日 東京・四ツ谷】日本ウイグル協会講演会 「女性作家が語るウイグルジェノサイド ― 漫画と証言で伝える人権弾圧」

日本ウイグル協会による講演会「女性作家が語るウイグルジェノサイド ― 漫画と証言で伝える人権弾圧」を紹介いたします。
公式ページはこちらです。


日本でのウイグル問題の理解の広がりは、漫画家の清水ともみ氏が、様々な収容所生還者や弾圧の被害者の証言を漫画化し、インターネットや書籍を通じて拡散してくださったことが大きいでしょう。また万葉集のウイグル語翻訳など、すぐれた文学的な仕事をしてきた、日本在住ウイグル人のムカイダイス氏による「在日ウイグル人が明かすウイグル・ジェノサイド」は、今年3月発売されベストセラーとなりました。
今回、日本ウイグル協会はこのお二人をお招きし、漫画と証言を通じてウイグル問題を考える講演会を開催致します。ご参加よろしくお願いします。

日時:2021年11月28日(日)15:00開場 15:30開会
場所:ワイム貸会議室 四谷三丁目4F Room F(〒160-0004 東京都新宿区四谷3-12丸正総本店ビル4F Room F)
   東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅 1番出口 徒歩1分
定員:100名
主催:日本ウイグル協会
資料代:1000円
申込方法:以下の申込フォームからお申込みください。
https://forms.gle/YdyQww5QyXxNoCbL6

uyghur
感染対策に関するお願い
会場ではマスクの着用をお願い致します。
座席は必ず間隔をあけてお座りください。
会話はできるだけお控えください。
受付に消毒液のご用意がございますので、必ずお使いください。
発熱や体調不良等の状況があった場合、入室はお控えください。

.