【8月13日 東京・お茶の水】日本ウイグル協会主催シンポジウム 強制収容所の決定的証拠「新疆公安ファイル」を読み解く

日本ウイグル協会主催シンポジウム「強制収容所の決定的証拠『新疆公安ファイル』を読み解く」をご紹介いたします。
以下、主催者様のサイトより転載です。


20220813-symposium

 中国当局が「職業技能教育訓練センター」と称して国際社会を騙してきた強制収容所に関する大量の内部資料「新疆公安ファイル」が流出し、もはや隠し通せない、ウイグル人に対する恐ろしい非人道的犯罪の決定的証拠が明らかになった。この衝撃的な内部資料が語るものは何か、協会副会長のアフメット氏が報告します。
 そして、この一年間、日本在住のウイグル人たちの証言を連載いただいた雑誌「正論」編集長の田北真樹子氏をお招きし、この連載の意義と、日本におけるウイグル問題の報道の在り方について論じるシンポジウムを開催します。
 多くの皆様のご参加をよろしくお願いします。

登壇者
 田北真樹子氏(月刊「正論」編集長)
 レテプ・アフメット氏(日本ウイグル協会副会長)
 ほか、証言者1~2名

日 時 2022年8月13日 14:30~16:30(14:00~受付)
場 所 ワイム貸会議室 お茶の水 4階 ROOM A (御茶ノ水駅 徒歩2分)
    東京都千代田区神田駿河台2-1-20 お茶の水ユニオンビル4F

OcyanomizuAccess

申 込 不要
参加費 資料代1000円
主 催 日本ウイグル協会
問合せ先 03-5615-9597 info@uyghur-j.org

.